0c0adb5c77d4a506f1dbb38c7fedcf48_s


大阪桐蔭、悪夢の逆転サヨナラ負け 九回2死から遊ゴロで終了のはずが… (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

甲子園という夢舞台で戦っている球児にはあまりにもかわいそうな結末だった。

夏の甲子園全国高校野球選手権・3回戦は甲子園球場で行われ、史上2校目の春夏連覇を目指した大阪桐蔭(大阪)は仙台育英(宮城)に2-1とサヨナラで敗れ、春夏連覇は達成できなかった。

大阪桐蔭1点リードの中、9回裏仙台育英の攻撃2死一二塁から、仙台育英若山壮樹内野手(3年)の遊ゴロを大阪桐蔭の泉口友汰内野手(3年)が一塁へ送球し、だれもが大阪桐蔭の勝利を確信した。しかし、ファースト中川卓也内野手(2年)の足がベースから離れてしまい、セーフの判定。

これで2死満塁となり、途中出場の馬目郁也内野手(3年)を迎える。馬目はセンターオーバーの適時二塁打を放ち、2走者が生還し、逆転で仙台育英がベスト8進出を決めた。

甲子園は、高校球児にとっては夢舞台。プロ野球選手でさえも、甲子園にはあこがれる。しかも、大阪桐蔭は春の選抜、大阪対決となった決勝戦で履正社を下し、この夏で史上2校目の春夏連覇がかかっていた。

そして、勝ちあがる一歩手前、9回も2死まで抑えあと一人という場面。高校野球では、過去にも9回2死からの逆転劇は数多く見られた。最後までしっかり集中してゲームに臨むことが大事だ。

ここで考えてみよう。「集中すること」とはどんな状況を指すのだろうか。

市川うららFM「マンティー・チダのSPORTS VIBRATION」でスポーツメンタルコーナーに出演いただいている、アイディアヒューマンサポートサービス 田中誠忠さんに「集中すること」について、番組でお話を伺ったことがあった。

「人によって、集中の表現は違うんですよ。」と切り出した田中さん。集中とはこういう状況とは言えない。しかし、今回の場面、9回2死、バッターがショートゴロでファーストの選手は、ファーストベースを踏んでボールをきちんと捕球できればゲームセットだったが、足がベースから離れてしまった。

田中さんには、集中できている・できていない一例も挙げて頂いていた。「選手にヒアリングをした結果、目の前のボールしか見えなかったとき、これから打つ1球のことしか頭になかった状況で集中できる状態と回答し、次のボールしっかり捕球できるかななど、今やらなければいけないことではなく、過去や未来に頭が回り体が硬くなってしまっていた状況で集中できない状態と回答があった」と。

今回の事例に当てはまるかはわからないが、少なくとも目の前の1球をどうするかというより、最後の打球で、最後につかむのが自分であれば、きちんと捕れるのかなという未来の予測をしてしまっていたのかもという想定はできる。

でも、これはどんな選手にでも当てはまることだと思う。やっぱり最後来たらどうしよう。取れるかな?と考えるのは無理もない。しかし、もし自分以外の選手がゴロをさばき、一塁に投げてくるボールはしっかり捕りベースも踏むことが自分の中でイメージをできていれば捕れるのだろうが、こればっかりは経験と自信をつけるほかには見当たらないと。

今回こういう形で敗れた大阪桐蔭ですが、負けて悔しい思いは必ず次のステージで生きてくるはず。実際甲子園の準優勝やベスト4のメンバーでその後のプロの舞台で活躍した選手はたくさんいる。ぜひ、この悔しさを次の場面で生かしてほしい。